修理に技術は必要?

基本的に高度な技術が必要

iphoneを自分で修理することは可能ではありますが、高度な技術が必要です。簡単に修理できるのであれば、修理のビジネスが成り立たないからです。音楽を聞いたり映像を楽しむ等、iphoneは色々なことができるので内部は非常に複雑です。素人がカバーを外したところで、何一つ分からずに終わるのが普通です。
工業系の高校や大学を出たからと言ってすぐに対処できるものでもありません。iphoneの構造について勉強して、手探りで触ってやっと修理できるものです。なので、素人が安易に修理しようとすると更に状態が悪くなる可能性もありますし、最悪故障して無駄な出費をすることになります。感電など事故の危険性もあるので、注意が必要です。

不確実な作業はしない

素人が安易に修理をしてはいけませんが、それでも初めの一歩を踏み出さなければいつまで経ってもiphoneの状態は良くなりません。まずは安全に注意して、不確実な作業をしないという意識が大切です。自分の作業が正しいかどうか確証を持たずに進んでしまうと、もしトラブルが発生した時に何が間違っているのか分からなくなります。部品の交換程度であれば比較的簡単ですが、複雑な作業をする際はたっぷりと時間を確保して集中する必要があります。
自分で修理をすると正規店では取り扱ってもらえなくなるので、もし失敗をしたら非正規店に持ち込むことになります。保証外のiphoneになると、不具合による無償修理等も受けられなくなるので注意します。

iphone5sの修理は専門的な技術やサポートが必要になるので正規店を利用すると良いでしょう。手厚いサポートを受けることができます。