携帯ショップ修理のデメリット

一見メリットだけに思える携帯ショップ修理でも!

スマホが故障した際には購入した店舗である携帯ショップへ依頼することも多いかと思います。サポートもしっかりしているはずなのでこれといったデメリットがあるようには見えませんが、デメリットが存在するのです。例えば修理期間です。修理に要する時間は故障の程度にもよりますが、数日かかるケースが多いです。ガラス割れなどの症状であっても即日で直してもらえることは稀で、修理が完了するまでの間は不便を強いられます。修理に日数がかかっても良いのなら携帯ショップでの修理は便利ではありますが、事前にどのくらい日数が必要なのか把握しておくと良いでしょう。サポートこそきちんとしているのは安心ですが、すぐに使いたいときには不便を感じてしまいます。

修理に出すとデータが消えてしまうことも!

スマホを携帯ショップへ修理に出すと本体に保存していたデータが消えてしまうケースが多いです。修理が施されたスマホはデータが初期化されてしまい、大切にしていた画像や連絡先などのデータが消えてしまうのです。これは大きなデメリットでは無いでしょうか。消えたデータは基本的には元へ戻すことができないので、事前に外部へデータを保存しておくなど対策をしておかなければなりません。修理に出してせっかく直ったにもかかわらずまたデータを入れ直すという大変な作業が待っているのです。ただでさえ修理で大変だというのにこのような手間までかかってしまうのです。また、修理費用も発生するので出費に手間にとユーザーの負担は重くのしかかることになります。

iphoneが起動しない原因はバッテリーや本体に問題があることが考えられるほか、充電器の故障も原因の一つになります。