自分で修理するデメリット

専用の道具をそろえる必要があります

iPhone修理を自分でやってみようと試みる人もいるのでしょうが、行動を起こす前にデメリットがあることを頭に入れておきたいものです。中でも修理するために、必要な道具をそろえなければいけないのが意外と高いハードルです。
電化製品なのだから数種類のプラスドライバーがあれば良いと考えているなら、すぐに自分でiPhone修理をするのをやめた方が良いでしょう。理由は所有しているiPhoneを確認すればわかりますが、分解するために最初に触れることになるであろうネジ穴は、プラスでもマイナスでも無いからです。星型をしているため特殊な工具が必要になります。しかも購入することは可能なものの、費用を抑えるために安物を選ぶとiPhoneとの相性が良くない場合があるのです。するとネジ穴を潰してしまう恐れがあり、困って専門家に修理を依頼しても断られる可能性が高いです。

それ以外の不都合について

うまくiPhoneを分解できたとしても、精密機械なのでどこかにドライバーを当てしまうと、ショートさせることがあります。またiPhoneに使用されている電池はリチウムイオンと呼ばれるもので、実はこれが厄介な存在です。正しく扱えばそれほど問題はないのですが、何かにぶつけて穴を開けてしまった場合、中身が空気に触れると発火することがあるのです。
さらに画面やホームボタンなどを交換するためには、新たな部品をそろえなければいけません。間違ったものを選ぶと直せない上に、買い直す羽目になるので二度手間になります。
加えて一度でも分解するとメーカーの保証がなくなるため、手に負えず正規店に持ち込むと修理費が高くなります。

iphoneの充電ができない時には、まず充電ケーブルを替えて充電してみましょう。iphone本体ではなく、充電ケーブルが壊れている可能性があります。